新品種を先取り!最新トルコギキョウとおすすめ切花

更新日:2021年11月11日


サカタのタネでは毎年11月に、生産者様に向けてトルコギキョウの新品種を発表しています。


今年は新たに6種のトルコギキョウが登場します。


豪華なフリンジでおなじみの「ボヤージュ®」シリーズに

「(2型) ライトピンク」「(2型) ブルー (ver.2)」 「(2型) イエロー (ver.3)」の3種が

「ボヤージュ」よりやや小ぶりの「ボン・ボヤージュ®」シリーズに

「(2型) ベビーピンク 」 が

程よいフリルの大輪品種「レイナ」シリーズに

「ホワイト (ver.3)」 「ラベンダー (ver.2)」の2種がそれぞれ仲間入りしました。


今年の新品種は、淡い色が豊富です。

中でも「ボン・ボヤージュ (2型) ベビーピンク 」は白地にほのかなピンク色で

ふんわりと優しい印象です。

「ボヤージュ® (2型) ライトピンク」や「レイナ ラベンダー (ver.2)」も

見る人の心をほっと落ち着かせてくれそうですね。


生花での販売はまだ少ないですが、見かけたらぜひお試しください!


サカタのタネのトルコギキョウのご紹介はコチラ

https://www.sakataseed.co.jp/special/toruko/




次に、この時期におすすめの切り花をご紹介します


キンギョソウ「スナップスター」

色がきれいな八重咲きのキンギョソウです。

草丈がある花材なので、そのまま花瓶にざっくりと生けるだけでも印象的な仕上がりに。



デルフィニウム「キャンドル iQ」

八重咲きのデルフィニウムです。

穂形がきれいでボリュームがあります。

かわいらしいつぼみをアレンジのポイントにするのもおすすめです。



トルコギキョウ 新品種ラインアップ

ボヤージュ <フリンジ八重咲き品種の王道>


ボン・ボヤージュ®


レイナ<フリルが豪華な大輪品種>




【Image gallery】