フリルふんわり。トルコギキョウ レイナ

更新日:1月4日


今月は、おなじみの品種でありながら進化を続けるトルコギキョウ「レイナ」をご紹介します。

「レイナ」はセミフリル品種と呼ばれる、ふんわりとしたフリルが特徴的なシリーズです。

「ボヤージュ®」などのフリンジ品種と比べて、印象が柔らかく、立体感があります。


大輪トルコギキョウのボリュームを生かしたアレンジはもちろんのこと、

柔らかなフリルの「レイナ」は、カジュアル使いにもおすすめです。


左:セミフリル品種「レイナ」| 右:フリンジ品種「ボヤージュ」 

サカタのタネではより高品質な切り花をお届けできるよう、品種の改良を続けています。


「レイナ」のラインアップには、ホワイトだけでも「(2型) ホワイト」と「ホワイト (ver.3)」などいくつかの品種があります。

同じホワイトなのに、どのような違いがあるかご存じでしょうか。

実はこれらの品種は、”出荷に適した時期”が異なります。

これにより、いつ購入していただいても高品質な「レイナ」をお届けできています。


「ホワイト (ver.3)」は2021年の新品種です。

従来の「ホワイト (ver.2) 」と比べて花形がそろい、ボリュームもとりやすいため、高品質な切り花を生産しやすくなりました。


同じく2021年の新品種「レイナ ラベンダー (ver.2)」は、

従来の「レイナ ラベンダー」の花弁の弱さを克服し、質が向上しています。


これから「レイナ」の出荷が増える時期です。

進化し続ける「レイナ」を、見かけたらぜひお試しください!


2022年もサカタのタネのトルコギキョウをよろしくお願いします。


サカタのタネのトルコギキョウのご紹介はコチラ

https://www.sakataseed.co.jp/special/toruko/





【レイナ ラインアップ】


【Image gallery】