top of page

茎が真っすぐ・発色鮮やかなハボタンで多彩にアレンジを


12月に入り、いよいよ年末年始の支度をされるお客様も増える季節ですね。

今回ご紹介するのは、そんな年末年始のアレンジにおすすめのハボタン「円(まどか)春の宴®」「円(まどか)春の紅」です。このハボタンは、サカタのタネが開発した品種で、最大の特長は茎が真っすぐであることと、葉と茎の鮮やかな発色です。

葉色はもちろんのこと、茎色も、それぞれ「円(まどか)春の宴®」は緑色、「円(まどか)春の紅」は赤色と発色がよく、アクセントとしてアレンジにお使いいただけます。





例えば、1枚目の写真では茎色を生かしてガラスの花瓶に生けています。このハボタンは持ちがよいので、12月中旬クリスマスをイメージして花瓶に生けたものを2枚目の写真のように約3週間後に年明けに向けたアレンジをしました。ハボタンの下葉をかいただけで印象が変わりますし、特に真っすぐな茎を生かして敷板にみたてた表現することで違う二つのアレンジが楽しめます。

写真は一例ですが「円(まどか)春の宴®」「円(まどか)春の紅」の真っすぐな茎と鮮やかな茎色・葉色の特長を生かしたアレンジは幅広くご提案いただけます。一つの花材を長く楽しめるのは忙しい年末年始におすすめです。ぜひご活用ください。


サカタのタネのハボタンの紹介サイト

https://www.sakataseed.co.jp/special/habotan/


「円(まどか)春の宴®」「円(まどか)春の紅」を使ったレシピは下記

https://www.sakataseed.co.jp/special/recipe_of_madoka/


クリスマスからお正月まで楽しむ際のご提案レシピです。ぜひご覧ください。

【ラインアップ】


【Image gallery】