top of page

卒入学やお祝い、旅立ちに!大輪の花で華やかに贈るトルコギキョウ


今回はトルコギキョウ「ボヤージュ®」「ボン・ボヤージュ®」をご紹介します。 2~3月のトルコギキョウは低温でじっくり育っています。そのため、輪が大きく花弁の枚数も多い高品質な切り花が出荷される傾向にあります。

 

写真の「ボヤージュ ソフトピンク」や「ボヤージュ ライトピンク」 「ボン・ボヤージュ ベビーピンク」は色味がやさしく、春の訪れを感じさせ、これからのシーズンにぴったりの花材です。また品種名の「ボヤージュ」は、フランス語で「旅立ち」を意味し、卒入学や新たな環境への旅立ちを華やかに演出します。

大輪の、フリルがかわいらしい八重咲きが特長なので、大切な人に贈る花束や、華やかなアレンジが求められる、結婚式場などの会場装飾で、メインの花材としてご活用いただけます。

また、品がよいフリルが「かわいらしい」「ナチュラルテイスト」のアレンジにも生かせます。写真のような他の花材や、グリーンとも組み合わせやすいので、5,000円以上のブーケなどに重宝します。ぜひお役立てください。


サカタのタネの「トルコギキョウ」は、さまざまな品種がございます。

サカタのタネが展開するトルコギキョウ各種のご紹介はコチラ

ユーザーに向けた簡単に楽しめるアレンジレシピも公開中

います。

【Image gallery】






bottom of page