top of page

花屋さんならオンラインレッスンをやってみよう!


お花のレッスンイメージ

コロナ禍により、急増したのがフラワーアレンジメントのオンラインセミナーやレッスン。

フラワーレッスンをやってみたいけれど、どうしたらいいか、わからない!

そんな人のために、オンラインレッスンに必要な機材、プラットフォームなどを紹介します。


 

1. 必要な機材

 
機材イメージ

<これだけは必要なもの>

  • パソコンやスマホ、タブレット…スマホは手軽さをパソコンやタブレットは画質や画角の広さが特徴です。

  • Wi-Fiなどの通信環境…生徒さんのことを考えて、常に安定している回線を選びましょう。

  • イヤホンやヘッドフォン…生徒さんの声を聞き逃すことがなくなるので必須です。また、マイク機能があるとこちらの声もきれいに届くようになります。


<あると便利なもの>

  • Webカメラ、マイク

  • ヘッドセット

  • 広角レンズ

  • 撮影用の三脚

  • 照明(ライト)


これらに関してはワンランク質の高い配信をされたい場合におすすめです。

たとえば、Webカメラは内臓のカメラよりも鮮明な映像を映し出せるのでお花や作品をよりきれいに見せたいときに有効です。



 

2.オンラインレッスンのアプリケーション

 
オンラインレッスンイメージ

オンラインレッスンに不可欠なのは、レッスンを行うアプリケーションツールです。

ここでは、ライブ配信ができる代表的なツールを紹介します。


・ZOOM (ズーム)

ミーティングとウェビナー機能があり、それぞれ利用プランも異なります。

無料でミーティングも可能ですが、利用時間に制限があります。仕事としてやっていく場合は、月額の有料プランを利用するとよいでしょう。


ミーティングは、開催者(講師)と参加者(生徒)のそれぞれの顔と参加者数がわかります。講師の設定により、生徒と双方向で自由に会話することも可能です。ウェビナーは月額のプランに入った上で、さらにオプションで支払うことで使える機能です。レッスンというより、講演会に近い、講師が一方的に情報を発信する場に向いています。


参加者(生徒)は、他の参加人数や参加者が分かりません。また、基本的に講師からも参加者の顔を見ることはできません。座学のようなレッスンやデモンストレーションを行うには向いている機能です。一番安いプランでも数百名まで参加ができます。

このウェビナー機能を利用すると、FacebookやYouTubeなどでライブ配信をすることも可能になります。(Facebookのアカウント、YouTubeのアカウント、チャンネル開設が必須になります)


・Instagram(インスタグラム)

スマートフォンで手軽にレッスンを開催できます。インスタライブで参加者は見ることができます。基本的に開催者(講師)だけの映像が写り、生徒は映像を見て、コメントを残すことができます。一緒に映像に映る場合は、ライブに参加するというところを押して、開催者が許可することで、参加させることができます。


・LINE ビデオ通話

無料通話で人気のアプリLINEでもオンラインレッスンは可能です。あらかじめ、講師と生徒でLINEグループを作っておくことで、複数名で対応可能です。現在は最大数百名ビデオ通話が可能です。インターネットやデバイスに不慣れな方でもLINEは利用していることが多いアプリなので、手頃にはじめやすいでしょう。


・Google meet(グーグルミート)

Googleが提供しているツールです。アプリを利用せずとも、デバイスに入っているWebブラウザを利用できるので手軽です。また開催者はGoogleアカウントがないと利用できませんが、参加者(生徒)はアカウントを取得していなくても参加できますので、より手軽です。


・Microsoft Teams

Microsoftが提供しているのがTeamsです。企業などのウェブ会議ではよく利用されています。開催者はMicrosoftのアカウントがないと利用できません。機能としてはZOOMとよく似ていますが、同じ画面上でWordやExcel、Power PointといったOfficeアプリを使った共同作業ができることが特徴です。ZOOMだと画面共有のみで、参加者が書き込みをすることは不可能ですが、Teamsだと可能です。ただ、フラワーレッスンの時は、あまり関係ないかもしれません。ZOOMのアカウントを持っていなく、Microsoftのアカウントを取得済みだと、こちらを利用するとコストが抑えられます。


・YouTube Live

動画配信で圧倒的なシェアを誇るYouTube。ライブ配信も可能です。YouTubeのアカウントを取得し、チャンネルを作るとPCからではすぐに配信可能です。またInstagramライブ同様、一方向です。

ただ、スマートフォンを利用したライブ配信は、チャンネル登録者の最低人数が規定されています。参加者が規定数を越す場合は、チャンネル登録をしてもらった上で、開催するのもよいでしょう。


このほかにも有料で、オンラインレッスン用のツールも各社から出ています。ぜひあなたと相性のいいツールを探してみてください


花屋さんやフラワースクールによるオンラインレッスンもコロナ禍の影響もあり、とても浸透してきました。今まで違う地域や国、世代の人がレッスンを受けてくれる可能性もあります。ぜひチャレンジしてみましょう。



bottom of page