top of page

花屋の仕入れの流れを紹介:市場で花を買う


花屋イメージ

花屋さんになりたい!そう思ったときに重要な「花の仕入れ」


そもそも、お店に並べる花がないと仕事にならないですよね。

ここでは、一般的な花の仕入れ先について紹介します。


 

1.花市場で仕入れる

 
市場イメージ

市場と聞くと、多くの人がイメージされるのは、かつての東京・築地市場の競りの様子ではないでしょうか?花市場も魚(水産)の市場同様に、競りが行われています。

仕入れの話のスタートとして、競りをおこなっている市場の話をします。

たとえば東京では、北足立、大田、板橋、葛西、世田谷と5つの中央卸売市場のなかに花の競りを行う会社が入っています。


市場という言葉には、場所としての市場という意味と、この競りを行う会社を指す二つの意味があり、ここでは競りを行う会社を大卸(おおおろし)と表記します。


大卸は、国内外の生産地から花が届き、卸売する会社です。販売方法の一つに、前述した競り業務があります。特徴としては「一箱単位」など、購入ロットが大きいことです。


「一箱」とは生産地が詰めた量になります。多くの場合、花は一品種が一箱に詰められています。たとえばバラ‘イブ ピアッチェ’を買う場合は、最低でも30〜50買う必要があります。仕事をはじめたばかりの人や少量多品種の品揃えを希望する場合は、仕入れ金額が高額になる、花の量を余らせてしまうことが考えられます。


大卸との取引メリットは、

以下の2点です。


  1. 間に入る業者が少ないので単価が低い

  2. 鮮度の高い花を仕入れられる


ただ、取引には市場の開設者への申請が必要となります。



大卸では、競り以外の取引(相対取引)という方法もあり、国内のほとんどの大卸ではインターネットを使った取引も行っています。

こちらは、競りの前日に取引を行う場合と、競りをインターネットから参加する方法などもあり、市場に足を運ばなくても競りで仕入れることも可能です。


また、切花の市場は多くが月・水・金に競りを行う場合がほとんどです(大阪では、日・火・木の夜に行う市場もあります)。

鉢物は、火・木・土など(異なる市場もあります)。

競りに市場で参加する場合は、それぞれの開催日の早朝に市場に行く人がほとんどです。



 

2.仲卸で仕入れる

 
物流イメージ

市場内には、仲卸(なかおろし)という大卸よりはロットが少なく卸売する業者もありますのでご安心を。こちらは、少量から購入できるのが特徴。取引基準が大卸よりは厳しくなく、仕事として花を扱いたい人ならほぼ取引ができます。

仲卸は、市場内ではない場外卸といわれる会社も多数あります。最近はインターネットで取引できる仲卸も増えています。



・切花を仕入れる場合

花をテーブルに飾る

ほとんどは競りの前日に生産地の花が入荷され、すぐに分荷、市場内の仲卸は仕入れた花を市場店頭に並べます。早朝3~4時くらいから順次、多くの花屋さんが仕入れをはじめます。大卸で仕入れる「買参人(ばいさんにん)」という言葉に対し、仲卸で仕入れる人は「買出人(かいだしにん)」と言われます。仲卸の店頭での購入は現金支払いであれば、プロならば誰でも仕入れができます(仕事をしている証明が必要な場合もあります)。


現金払いでなく、掛け売りなどを希望する場合は、取引したい仲卸と契約をする必要があります。仕入れる単位はほとんどが1束単位になります。市場内の仲卸でも、他の市場からも仕入れているケースもあり、品揃えはさまざまです。



・鉢物を仕入れる場合

鉢物を飾る

鉢物の場合も、仕入れ日の朝には入荷したばかりの商品が仲卸の市場店頭に並びます。仕入れる単位は、1ケース単位がほとんどです。観葉植物の大きなものや胡蝶蘭などは1鉢単位で販売しています。


仕入れに行くときに、車で行くケースが多いと思いますが、大きな市場の場合は入構許可証が必要なこともあります。事前にリサーチしていきましょう



 

3.ネット専門卸

 
花のネット仕入れイメージ

インターネットで取引が完結し、市場にいかずもとも卸売価格で花を仕入れることも可能なサービスです。多くは会員制の卸売で、生産地が出荷したものをネット上の競りで仕入れることができます。

インターネット専門卸には以下のような特徴があります。


<メリット>

  • 配送までセットなので、仕入れ時間を大幅に短縮できる

  • ネット完結なのでお店や自宅にいるだけでいい


<デメリット>

  • 花の状態を実際に確認できない

  • 生産地の名前から求めている花の品質ではないかもしれない


市場までの遠い立地や人手が足りない場合は、こういったネット専門卸を活用することもおすすめです。


また、ハナスタ編集部が運営する日本最大級のオンライン花卸「ハナスタ」では、関東6市場と連携し、年間約4億本の切り花を取り扱っております。


これからお花屋さんを始めようとされる方、お花を使った事業を始められる方

是非、オンライン花卸「ハナスタ」をご検討ください。会員登録は無料です!


bottom of page